TEL:0572-23-5515
〒507-0041 岐阜県多治見市太平町3-17
診療時間 9:00~12:00 16:00~19:00
土曜午後・木曜・日曜日・祝日

泌尿器科

ネット受付サービス こちらからED・AGAでお悩みの方の、初診治療ができます。 スマホの方はこちらから EPARKクリニック・病院
HOME»  泌尿器科

前立腺疾患

前立腺は膀胱のすぐ下にあるクルミぐらいの大きさの臓器で、精嚢(せいのう)と共にに精液をつくる役割があります。
個人差はありますが、40歳を過ぎた頃から次第に肥大して、尿道を圧迫し尿の出が悪くなったり、尿が出きらなかったり、会陰部や下腹部の痛みが生じたりします。

代表的な疾患として、前立腺肥大症、慢性前立腺炎、前立腺がんなどがあげられます。

膀胱疾患

膀胱は腎臓で作られ尿管から運ばれてきた尿をためておく袋のようなもので、ある一定量の尿がたまると尿意をもよおすようになっており、体外へ排出されます。
「尿をためて出す」という膀胱の役割は、脳、脊髄、末梢神経からなる自律神経の支配によってコントロールされています。機能に問題があると、排尿障害や血尿となって現れることがあります

代表的な疾患として、過活動膀胱、急性膀胱炎、膀胱がん、夜尿症、尿失禁などがあげられます。

腎臓疾患

腎臓は、そらまめのような形をした握りこぶしくらいの大きさの臓器で、背骨を挟んで腰のあたりに左右対称に2個あります。
腎臓の主な役割は、血液中の過剰な塩分や老廃物を取り除き、尿として体の外に排泄することです。他にも血圧を調整したり、体の水分や電解質のイオンバランスを調節するなど、体の環境を整える様々な役割があります。

○腎臓機能が低下すると、以下のような症状が現れます。

・尿の異常
腎臓のろ過機能の低下により、尿にたんぱく質や血液が混じり、尿の色や臭いが変化したり、異様に泡立つことがあります。
・むくみ
尿量を調節するホルモンの異常により、体内の水分量の調整ができず、顔や手足に「むくみ」が現れます。
・血圧が上がる
腎臓は血圧を維持するホルモンを分泌し、血圧が低いときに血圧を上げます。機能が低下すると、体は血圧が下がったと勘違いをして、血圧を上げようとしてしまいます。

その他、全身の倦怠感や、嘔吐や吐き気、食欲不振、貧血など様々な症状が現れます。
早期発見、早期治療が大切です。気になる症状がありましたら、まずはご相談ください。
 
代表的な疾患として、腎臓がんがあげられます。

 

尿路結石

尿路結石は、30~50歳くらいの男性と閉経後の女性に多くみられ、腎臓から尿道までの尿路に結石が生じる病気です。腎臓内に結石がとどまっている間は特に痛みませんが、結石が尿管に移動して尿管や膀胱などに詰まると、背中や脇腹が激しく痛み、冷や汗や吐き気を伴うこともあります。
尿路結石の治療では、小さな結石は尿管を広げるお薬で痛みを改善させ、排石を促します。内服治療でも改善しない大きな結石は、ESWL(体外衝撃波砕石術)等が必要となることがあります。
尿路結石は非常に再発率の高い疾患のため、食生活の改善などにより再発予防が可能です。

性感染症

性感染症は、性行為により感染する疾患のことで、たくさんの種類があります。性病の多くは、血液や精液、腟分泌液などの体液によって感染していきます。代表的な症状として、クラミジア、淋病、ヘルペス、梅毒、カンジタ、コンジローマ、HIVなどがあげられます。
パートナーにうつす可能性のある病気ですので、パートナーを含めしっかりと検査、および適切な治療をする必要があります。
自覚症状の少ない疾患もあり、発見が遅れると病状が進行してしまいます。特に女性は不妊の原因となるため、早期発見・早期治療が重要です。

○こんな症状がある場合は、お早めにご相談ください。
  • 足の付け根のぐりぐり
  • おしっこをする際の痛み
  • 尿道の違和感(むず痒い等)
  • 透明な分泌物や膿が出る
  • 陰部のできもの、皮膚の異常
  • 異常な量のおりもの  など

男性更年期障害

LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)ともいいます。
更年期障害というと、女性特有の病気と思われがちですが、50歳前後から男性も徐々に男性ホルモンが減少し、以下に示すような多彩な更年期障害の症状があらわれます。
これらの症状は、原因不明の不定愁訴で片付けられることが多く各診療所を転々とする患者さんが多く見られます。また中年期のうつ病の症状と似ているので、その鑑別が必要です。

◇診断
質問紙で症状スコアによる評価と遊離型テストステロン値の測定でLOH症候群の診断をします。

◇治療
アンドロゲン補充療法(ART)を行います。男性ホルモン剤としては、経口剤と注射薬があります。経口剤は副作用の多いこと、注射薬は注射回数の少ないことなどから治療はエナルモン・デポーを筋肉注射する方法が多く行われています。ARTにより症状は改善しますが、ホルモン剤の副作用に気を付けて治療を継続する必要があります。

 
【男性更年期障害の症状】
  • 性欲の低下
  • 勃起障害
  • 体力の低下
  • なんとなく体がだるい
  • やる気が出ない
  • イライラする
  • 汗が出る、ほてる
PageTop